ITニュースTODAYテクノロジー > Samsungが256GB2.5インチSSDを開発
2008年05月27日

Samsungが256GB2.5インチSSDを開発

 韓国Samsung Electronics(サムスン電子)は2008年5月26日、256Gバイトの2.5インチSSDを開発したと発表しました。

 連続読み込み速度は200Mbps、連続書き込み速度は160Mbpsで、SSDのデータ転送速度としては最速クラスで、通常ノートPCに搭載されている一般的なSSDの記憶容量は64Gバイトで一般的なHDDより約2.4倍速いそうです。

 ◆ITニュースランキングで最新記事を見る にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ

 ◆256Gバイト2.5インチSSD詳細情報 ⇒人気ブログランキング

 接続インターフェースはSATA IIに対応しており、消費電力は0.9Wと非常に低く、平均故障時間は100万時間。

 このSSDには暗号化プロセスを組み込んでおり、SSDがPCから取り外された場合でも内部のデータへの不正アクセスを防ぐことが出来るそうです。

SamsungはこのSSDを年内に量産開始し、9月には顧客向けサンプルを出荷して、2008年末までに256GバイトSSDの量産を開始する予定だそうです。

 発売当初の価格は高くなりそうですが、量産されることで価格が落ち着きノートパソコンに搭載されることを期待したいです。

□関連サイト
Samsung Electronics
□参考記事
Samsung、256Gバイトの2.5インチSSD開発
サムスン電子、256GバイトのSSDを開発
ついに256GBのノート向けSSDが登場、読み書き速度も圧倒的に



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。