ITニュースTODAYビジネス > Windows Vistaは短命の可能性!次期OS「Windows7」とは
2008年05月22日

Windows Vistaは短命の可能性!次期OS「Windows7」とは

 マイクロソフトが販売しているPC用OS「Windows Vista」は発売されて、1年半を経過しましたが、現状では前OSである「Windows XP」を搭載したパソコンが併売されていて、「Windows Vista」への移行はなかなか進んでいないようです。

 しかし「Windows Vista」に完全に移行していないにも関わらず、すでに「Windows Vista」の次のOSとみられている、開発コードネーム「Windows7」が早ければ2009年にも発売されるのではないかと、注目が集まっています。

 ◆ITニュースランキングで最新記事を見る にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ

 ◆「Windows7」の詳細情報 ⇒人気ブログランキング

 現時点でマイクロソフト社は、Windows7についてほとんど情報を公表していません。

 しかし、2007年7月に行われたマイクロソフト社の販売向け会議で言及された次期OSをCNETが「Windows7は2010年のリリースに向けて開発中」と報じています。

 これまでの情報によると、Windows7には個人向けと企業向けのバージョンがあり、32ビット版と64ビット版もあるということでした。また、マイクロソフトのビル・ゲイツ会長は「来年あたりに発表する」とも述べていることから、発売時期が前倒しされる可能性もあるようです。

 Windows7が、なぜこれほど注目されているのでしょうか。それは、現在の最新OS Windows Vistaの不人気に理由がありようです。Windows Vista搭載パソコンを購入してもOSをWindows XPにダウングレードするユーザーも少なくありません。

 さらに重要な市場である企業導入においても、Windows XPからWindows Vistaへの移行は非情に緩慢で遅れているのが現状のようです。

 Windows7の発売が予定通りであれば2010年、ビル・ゲイツ氏のコメントが真実ならば2009年にも発売されることになりそうです。Windowes Vistaが短命に終わったWindows Meの二の舞となったとしてもマイクロソフト社はWindows7を市場に送り出すつもりかもしれません。

 そうなるとWindows Vistaを飛び越してWindows XPからWindows7への移行を考えるユーザーや企業が増えることも予想されるため、Windows Vistaの立場はますます苦しくなることは間違いなさそうです。

□関連サイト
Windows Vista: ホーム
Windows Codename "7" - Wikipedia
□参考記事
Vistaは短命に終わる? 迫りくいるWindows7とは



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。