ITニュースTODAYテクノロジー > Samsungが液晶パネル「Blue Phase」を開発
2008年05月17日

Samsungが液晶パネル「Blue Phase」を開発

 韓国サムスン電子(Samsung Electronics Co., Ltd.)は、ラビングや配向膜が不要な新モード液晶パネル「Blue Phase」を開発したと発表しました。

 Blue Phase技術を用いた液晶パネルは、240Hz以上の高速駆動が可能で、しかも低コストで製造できるそうです。

 ◆ITニュースランキングで最新記事を見る にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ人気ブログランキング

 Blue Phaseモード液晶パネルは、液晶配向膜が不要なのが特徴である。現在主流のTN方式(twisted nematic)液晶やVA方式(vertical alignment)モード液晶、IPS方式(in-plane switching)モード液晶はいずれも配向膜が必要で、ラビングと呼ばれる機械的な配向処理をする複数の工程が必要なため、同工程はコスト高の原因の一つとなっています。

 Blue Phaseモード液晶パネルは、機械的な操作をしなくても自動的に配向層が形成されるそうです。そのため、液晶との界面のダメージが少なく、パネル表面輝度が均一になるメリットがあります。また、現在の液晶テレビでは倍速の120Hz駆動が採用されていますが、Blue Phaseモード液晶パネルは液晶の応答時間が短いため、オーバードライブ駆動なしで240Hz以上の高速駆動が可能となるそうです。

 また、Samsungは5月18〜23日に米国ロサンゼルスで開催される「SID(Society for Information Display)2008」の期間中にBlue Phase技術を用いた15インチの液晶パネルを公開する予定のようです。

 このBlue Phase技術によって高画質で安価な液晶パネルが登場することになりそうです。

□関連サイト
SAMSUNG Japan
□参考記事
SID:韓国Samsung Electronics、液晶パネル「Blue Phase」を開発
表示性能は「倍速液晶」の2倍以上、高画質で安価な次世代液晶パネルが登場



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。