ITニュースTODAYビジネス > 「Windows XP」が大幅値下げ!低価格パソコンLinuxに対抗する措置
2008年05月14日

「Windows XP」が大幅値下げ!低価格パソコンLinuxに対抗する措置

 マイクロソフトは「ULCPC(Ultra-Low-Cost PC)」と呼ばれる超低価格パソコン向けに、Windows XPを大幅に値下げしたそうです。

 これは価格を抑えるためにOSにLinuxがプリインストールされたEeePCなどの超低価格パソコンが多いことを受けての対抗措置のようです。

 ◆ITニュースランキングで最新記事を見る にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ

 マイクロソフトからPCメーカーに送られた機密文書によると、Windows XP Home Editionは、日本ではOEM版が1万円以上で販売されていますが、先進国で1台あたり32ドル(約3350円)、インドや中国などの新興成長国市場では26ドル(約2700円)で提供されるそうです。

 しかし超低価格パソコンへのWindows XPの提供にあたっては、マイクロソフトはCPUに1GHz以下(VIAのC7-MプロセッサとIntelのAtom N270プロセッサは除く)、メモリは1GB以下、液晶モニタのサイズは10.2インチ以下、80GB以下のHDDというハードウェア条件があります。

 Windows XPが搭載された超低価格パソコンを購入した場合、後からメモリを増設したり、外付けハードディスクを追加すればかなり安価で手ごろなパソコンが手に入ることになりそうです。

□関連サイト
Microsoft Windows XP ホーム
Microsoft To Discount Windows XP for ULPCs
□参考記事
マイクロソフト、Linuxに対抗してWindows XPを大幅値下げ
□関連記事
Windows XP SP3インストールで再起動を繰り返す不具合が発生
「Windows XP SP3」提供を再開するも問題が発生!IE 7が削除不可能に



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。