ITニュースTODAYインターネット > 「Windows XP SP3」提供を再開するも問題が発生!IE 7が削除不可能に
2008年05月07日

「Windows XP SP3」提供を再開するも問題が発生!IE 7が削除不可能に

 米Microsoftは2008年5月6日、Windows XP Service Pack 3(SP3)正式版の一般向けダウンロード配布を始めました。

 日本語版でも、最新のWindows Updateから入手可能になっています。

 しかし、Windows XP Service Pack(SP)3をインストールするとInternet Explorer(IE)7をアンインストールできなくなる場合があるとして、米Microsoftが注意を促しています。

 ◆ITニュースランキングで最新記事を見る にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ

 Microsoftは5月6日、Microsoft Dynamics RMSを稼働しているシステムにサービスパックを提供しないフィルタを設定し、手動によるWindows XP SP3のダウンロード提供を開始しました。また、Windows Vista SP1の自動アップデートも再開しました。

 Microsoftが注意を促している問題点ですが、IE 6ユーザーはSP3をインストールしても問題ないが、IE 7および8のユーザーは注意が必要だと同社のIEチームは述べています。

 同チームによると、IE 7がインストールされた状態でSP3を適用すると、IE 7をアンインストールできなくなるそうです。コントロールパネルの「プログラムの追加と削除」を開いても、IE 7の「削除」オプションはグレー表示になり選択できなくなります。

 これは設計上のものだとして、IEチームはその理由を次のように説明しています。XP SP2上にIE 7をインストールすると、既存のIE 6のファイルがアンインストールディレクトリにバックアップされる。SP3には新しいIE 6のファイルが含まれているが、SP3をインストールしてからIE 7を削除すると、システムはバックアップされた古いIE 6ファイルに戻ってしまう。つまりIE 6以外がSP3でアップグレードされた状態になり、セキュリティ上望ましくないため、IE 7をアンインストールできないようにしたと同チームは述べています。

 SP3インストール後にIE 7を削除するには、まずSP3をアンインストールしてSP2に戻り、それからIE 7を削除してIE 6に戻し、その後でSP3を再度インストールしなければならないという。SP3適用後にIE 7をインストールした場合は、通常の手順でIE 7を削除できそうです。

 IE 8についても同様に、IE 8β1がインストールされた状態でSP3を適用すると、IE 8を削除できなくなります。このため、SP2上にIE 8β1をインストールしている場合、SP3はWindows Updateで配布されないという。SP3を適用してからIE 8をインストールした場合は、問題なく旧版IEに戻すことができるそうです。

 Windows XP Service Pack 3(SP3)の正式版の配布が再開されてダウンロードしてインストールするには注意しなければいけないので、もう少し様子をみたほうが良いのかも知れません。

□関連サイト
Windows Update
□参考記事
Windows XP SP3のダウンロード配布がスタート
マイクロソフト、「XP SP3」の提供を再開--「Vista SP1」の自動配布も
マイクロソフトがWindows XP SP3を提供開始、Windows Updateでダウンロード可能にXP SP3インストールでIE 7が削除不可能に、MSが注意

□関連記事
マイクロソフト「Windows XP SP3」提供を延期



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Windows XP SP3配布開始
Excerpt: 配布が延期されていた、Windows XP SP3ですが、米国時間5月6日、Windows XP SP3のダウンロード提供を開始したそうです。 また、それに伴い自動アップデート停止になっていたWind..
Weblog: 日々是電脳空間
Tracked: 2008-05-07 17:50
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。