ITニュースTODAYインターネット > マイクロソフト「Windows XP SP3」提供を延期
2008年04月30日

マイクロソフト「Windows XP SP3」提供を延期

 マイクロソフト(Microsoft)は米国時間2008年4月29日、未対応な問題が新たに発見されたことを理由に「Windows XP Service Pack 3(SP3)」のリリースを延期したことを発表しました。

 Microsoftは延期の理由を、XP SP3およびWindows Vista SP1とPOSシステム「Microsoft Dynamics Retail Management System(RMS)」との間に互換性の問題が見つかったためとしています。

 ◆ITニュースランキングで最新記事を見る にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ

 Microsoftは、Windows XP SP3のコードを先週完成させており、29日から広く利用可能にする予定だったようです。

 同社は、「可能な限り最良の体験を顧客に提供するため、Windows UpdateおよびMicrosoft Download CenterにおけるWindows XP SP3のリリースを延期した」と声明で述べています。

 同社は対策として、Dynamics RMS搭載システムにこれらのサービスパックが配布されないよう、一時的にWindows Updateでフィルタリングを実施します。フィルタリングが開始されたら、XP SP3のダウンロード提供を開始するそうです。

 MicrosoftはDynamics RMSの顧客に対し、フィックスが提供されるまではXP SP3とVista SP1をインストールしないよう勧めています。

 新しいサービスパックがリリースされたからと言って、早急にダウンロードするとこのような問題が発生する可能性があるので、少し時間を置いてから行ったほうが良いようです。

□関連サイト
Windows XP Service Pack 3 Release to Web (RTW) Delayed - TechNet Forums
□参考記事
Windows XP SP3、ダウンロード提供が延期
マイクロソフト、「XP SP3」の提供を延期--未対応の問題発見で
マイクロソフト、Windows XP SP3の公開を延期



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

マイクロソフト、Windows XPのSP3提供延期
Excerpt: 4月29日にリリースと言われていたWindows XP SP3ですが、未対応な問題が新たに発見されたそうですね。 しかし、提供延期を発表したのが、リリース日の4月29日っていうのはどうでしょう? ユー..
Weblog: 日々是電脳空間
Tracked: 2008-05-02 23:36
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。