ITニュースTODAYモバイル > NTTドコモ「906iシリーズ」無線LAN搭載、低価格で高速通信可能に
2008年04月28日

NTTドコモ「906iシリーズ」無線LAN搭載、低価格で高速通信可能に

 NTTドコモは2008年5〜6月に発売を予定している第3世代携帯電話「FOMA」の個人向け新サービスとして、家庭内の無線LAN経由で音声通話やパケット通信を可能にする「ホームエリア向けサービス」を提供するそうです。

 同サービス向けとして、FOMA網と無線LANの両方の通信モジュールを内蔵した端末を、個人向けとして新たに提供するそうです。

 ◆ITニュースランキングで最新記事を見る にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ

 家庭に敷設した光ファイバーなどのブロードバンド回線に無線LANルーターを設置することで、FOMA/無線LAN両対応端末と通信可能となります。家庭内では無線LAN経由で通信し、屋外ではこれまで通りFOMA網で通信します。音声通話、パケット通信のいずれも無線LAN経由で可能にする予定だそうです。

 無線LANが搭載されるのは、昨年11月に発売された905iシリーズに続く「906iシリーズ」であると見られていますが、無線LANを使って家庭のネットワーク経由で接続することで、従来よりも利用料金が低価格になるようです。

□関連サイト
NTTドコモ
□参考記事
ドコモ、携帯&無線LANデュアル端末でホームネットワーク接続へ
NTTドコモの「906iシリーズ」は無線LAN搭載、初夏発売で高速通信と低料金を実現へ
FOMA/無線LAN両対応の個人向け端末、ドコモが5〜6月にも発表



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。