ITニュースTODAYモバイル > KDDIがSoftBankを逆転5ヶ月ぶりに首位MNP転入者数
2008年04月07日

KDDIがSoftBankを逆転5ヶ月ぶりに首位MNP転入者数

 携帯電話各社が2008年4月7日に発表した3月の契約数によると、番号継続制(MNP)を利用した転入出数は、KDDIが7万5700件の転入超となり、ソフトバンク(SoftBank)の子会社ソフトバンクモバイルによる6万0800件の転入超を逆転し5カ月ぶりに首位となりました。

 NTTドコモは、同13万7000件の転出超で厳しい状況が続いています。3月28日から音声通話サービスを始めたイー・アクセス9427グループのイー・モバイルは、500件の転入超でした。

 ◆ITニュースランキングで最新記事を見る

 新規契約から解約を差し引いた3月の純増減数は、ソフトバンクが54万3900件の純増で、11カ月連続のトップを維持。2位はKDDIで50万0500件の純増。3位はドコモで17万3700件の純増となりました。イー・モバイルは13万0200件の増加でした。

 2007年度のMNPによる転入出数は、KDDIが59万7500件の転入超でトップとなりました。ソフトバンクが31万8200件の転入超で続き、ドコモは91万6400件の転出超となりました。イー・モバイルは500件の転入超でした。

 2007年度の純増減数は、各社とも増加でした。ただ、ドコモが76万6600件の増加と、ソフトバンクの267万6500件の増加に比べ3分の1程度にとどまりました。ソフトバンクは、年度の純増数で初めてトップとなりました。KDDIは215万0800件の増加でした。

 この結果、3月末の累計契約数では、ドコモは5338万7700件、KDDIが3033万9100件、ソフトバンクは1858万6200件となりました。KDDIは初めて3000万件を超えました。イー・モバイルは41万1500件でした。

 携帯電話の契約者数はKDDIのauとソフトバンクが熾烈な争いをしていますが、MNP番号継続制による結果が数字に出ているようです。

□関連サイト
NTTドコモ ホーム
au by KDDI
SoftBank
イー・モバイル公式サイト
□参考記事
再送:KDDIがソフトバンクをMNPの転入者数で逆転、5カ月ぶり



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。