ITニュースTODAYモバイル > 着うたが着メロを利用率で初めて上回る
2008年04月02日

着うたが着メロを利用率で初めて上回る

 日本レコード協会が2008年4月2日に発表した「2007年度音楽メディアユーザー実態調査」によると、着うたの利用率が初めて着メロを上回ったことが分かりました。

 実態調査で着うたの利用率が28.9%、着メロの利用率が27%でした。

 ◆ITニュースランキングで最新記事を見る

 音楽メディアユーザー実態調査は音楽ユーザーの実態を知るためにRIAJが毎年実施しています。今回は昨年10月、首都圏の12歳〜69歳の男女1200人に対して、質問紙で調査したものです。

 着うた・着うたフルの利用率が高まり、普及が進んでいます。利用率は、着うたが28.9%、着うたフルが15.5%。着メロは前年から16ポイント減の27%となり、着うたの利用率が調査開始から初めて下回りました。

 携帯電話の着信音は着メロから着うたにシフトしていることが、これではっきりしたようです。やはり着信音は音楽が流れるだけよりアーティストの歌声のあるほうが良い感じです。今後は着うたが主流となるのかも知れません。

□関連サイト
日本レコード協会
□参考記事
着うた利用率、着メロを初めて上回る 着うたフル入手先は無料サイト・RIAJ調査
□関連記事
2007年年間ランキング発表「着うた」「着うたフル」「PC配信」



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。