ITニュースTODAYモバイル > 総務省が携帯電話料金プランを分かりやすくする有識者懇談会を設置
2008年03月19日

総務省が携帯電話料金プランを分かりやすくする有識者懇談会を設置

 携帯電話やインターネット接続サービスで通信事業者各社の料金設定が複雑化したために、利用者に分かりづらいことを受けて総務省は2008年3月18日、各社のサービスを簡単に比較できるシステム構築などを議論する有識者懇談会を設置することを発表しました。

 携帯電話の料金プランは一体どれが得になるのか分からない人には朗報となりそうです。

 ◆ITニュースランキングで記事を見る

 携帯電話サービスの場合には、携帯各社でさまざまな割引プランがあります。たとえば安いプランにしようとしても、長期の契約が求められたり(俗に言うしばり)、割引適用に複雑な条件が付けられるなど、利用者は一体どのサービスが自分に適しているのか分かりづらいのが現状です。

 有識者懇談会では携帯電話サービスなどを分かりやすくする統一したルール作りや、各社サービスを簡単に比較できるウェブサイトの認定制度などを検討するそうです。

 有識者懇談会は2008年4月に初会合を開き、12月に報告書をまとめるそうです。

 これにより自分に合った携帯電話会社や料金プランが選択しやすくなるでしょう。

□参考記事
難解な携帯料金制度解消を 懇談会発足
総務省、携帯電話の料金プランを分かりやすくすることを決定



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。