ITニュースTODAYインターネット > Winnyなどのファイル交換ソフト常習者に対してネット切断措置!
2008年03月15日

Winnyなどのファイル交換ソフト常習者に対してネット切断措置!

 インターネット上でファイル交換ソフト「Winny(ウィニー)」などを通じて映像や音楽などの違法コピーによる著作権侵害が深刻化していることを受けて、国内のプロバイダ(接続業者)が加盟する四つの業界団体は、ファイル共有ソフトを使って違法なファイルを常習的にダウンロード・アップロードを繰り返している利用者に対して、インターネットへの接続を強制的に切断することで合意したそうです。

 ネット上からの利用者の排除は「通信の秘密」や「通信の自由」に抵触するとして導入に慎重な意見が強かったが、著作権団体と連携して悪質な利用者を特定し、その利用者に限れば接続停止や契約解除が可能と判断したそうです。

 ◆ITニュースランキングで記事を見る

 この措置の導入を決めたのは、「社団法人テレコムサービス協会」「社団法人電気通信事業者協会(TCA)」「社団法人日本インターネットプロバイダー協会」「日本ケーブルテレビ連盟」の4団体とみられます。

 この4団体の加盟社は国内の主要なプロバイダ約1000社で、業界全体で打ち出す初の「ウィニー対策」となります。来月にも「日本音楽著作権協会」や「コンピュータソフトウェア著作権協会」など著作権団体と協議会を設立。どの程度、違法コピーをネット上に流出させた場合、接続を打ち切るかといった具体的な指針作りを始め、2008年中の実施を目指すそうです。

 今回の対策は、著作権団体が、違法コピーのやり取りを繰り返している利用者について、ネット上の「住所」にあたるIPアドレスを専用ソフトで特定したうえでプロバイダに通知。プロバイダは、このIPアドレスをもとに利用者に警告メールを送信し、従わない場合などには、一定期間の接続停止や利用契約の解除に踏み切るそうです。

 この方法であれば、総務省も「プロバイダーが利用者の通信内容を直接調べることにあたらないため問題はない」としています。

 ウィニーなどのファイル交換ソフトを利用しただけで、インターネットの接続を停止されてしまうので、今後利用者が激減することになるでしょう。ファイル共有ソフトを利用してファイルを交換することは出来なくなってしまいそうです。

□関連サイト
社団法人日本音楽著作権協会 JASRAC
ACCS 社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会
社団法人テレコムサービス協会
社団法人電気通信事業者協会(TCA)
社団法人日本インターネットプロバイダー協会
日本ケーブルテレビ連盟
□参考記事
違法コピー常習者はネット切断、プロバイダー業界が合意
Winnyなどのファイル共有ソフト常習者に対しインターネットを切断することに



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。