ITニュースTODAYモバイル > ソニー・エリクソン携帯電話事業を見直し撤退は否定
2008年03月10日

ソニー・エリクソン携帯電話事業を見直し撤退は否定

 ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズは2008年3月10日、NTTドコモ向け携帯電話から撤退するという一部の報道に対して否定のコメントを発表しました。

 報道は日本経済新聞が3月10日付けで、同社がドコモ向け携帯電話端末について、2008年夏に発売する製品を最後に開発および生産を打ち切り、その後は国内の携帯メーカーから製品を調達し、同社ブランドでドコモに供給し続けると報じたものです。

 ◆ITニュースランキングで記事を見る

 同社広報部は「ドコモと商品化計画の一部を見直しているのは事実だが、撤退は考えていない。開発を含めて日本国内での事業中止の予定はない。ほかのメーカーから製品を調達し、自社ブランドでドコモに供給する計画もない」としている。商品計画の見直の具体的な内容は「相手先ビジネスに関わる情報であるため公開できない」とコメントした。

 同社は英Sony Ericssonの日本法人で「サイバーショット携帯」「ウォークマン携帯」などの携帯電話端末をSony EricssonブランドでNTTドコモとau(KDDI)に製品を供給している。au向けは従来通り開発・生産を続け、商品計画の見直しなども考えていないとした。

 国内の携帯電話市場は契約数が1億件を超えて、携帯電話事業者による新しい販売方法の導入で端末の買い替えサイクルが延びる傾向にあるなど、市場の縮小化が指摘されています。京セラが三洋電機の携帯電話事業を買収したほか、3月3日には三菱電機が携帯電話端末事業からの撤退を発表しています。

 ソニーエリクソンの携帯電話のデザインは他社とは違い斬新なタイプが多いので携帯の機種変更をするときに使ってみようかなと思ってたので、撤退の報道には驚きました。しかし同社は否定はしましたが、何らかの見直しはあるようなので携帯電話事業の縮小はあるのかも知れません。

□関連サイト
ソニー、ドコモ向け携帯電話から撤退・国内事業を縮小
2008/03/10 [お知らせ] 3月10日付 一部報道に関して
□参考記事
ソニエリ「ドコモ向け携帯からの撤退はない」 一部報道にコメント
ソニー・エリクソン、ドコモ撤退「予定はない」--ただし、商品化計画については見直しを実施
「ドコモ向けの撤退はない」,ソニー・エリクソンが一部報道を否定
ソニーが携帯電話事業を縮小、一部撤退か



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ドコモのためのビジネスシステムから脱却したいの
Excerpt: ソニー・エリクソンがドコモ向け端末供給中止と報道されたものの、「ドコモ向け端末の供給を取り止める計画はない。16日に発表されたHSUPA対応の携帯電話プラットフォームの共同開発には確かに参画していな..
Weblog: 戦略のみそ zentaku blog
Tracked: 2008-10-17 16:10
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。