ITニュースTODAYインターネット > ヤフオク、ソフトバンク携帯新機種の出品が禁止に
2008年03月06日

ヤフオク、ソフトバンク携帯新機種の出品が禁止に

 2008年3月5日、ソフトバンクモバイル株式会社が発売する携帯電話機の最新機種をYahoo!オークション(ヤフオク)に出品することが新品、中古品を問わず禁止となりました。

 これは不正に取得された携帯電話機の使用を防ぐための対応のようです。

 ◆ITニュースランキングで記事を見る

 Yahoo!オークションによると、携帯電話事業者が義務付けられている契約時の本人確認をすり抜けるなどして不正に取得した携帯電話機をオークションに出品する利用者がいるため、Yahoo!オークションはソフトバンクモバイルが発売する携帯電話機(ディズニー・モバイルを含む)の新機種は6ヶ月間出品を禁止するそうです。

 ソフトバンクモバイルはインターネットオークションサイトの運営会社に対して、これら不正取得の疑いのある携帯電話機の出品制限を要請するとともに携帯電話機の不正取得が発覚した場合は、回線の利用停止や契約解除の実施、当該携帯電話機による3Gサービス(通話・メール等)の利用を制限するそうです。

 他の携帯電話会社についてもソフトバンクモバイルに追従してNTTドコモやauなども同様の措置を行うかも知れません。

□関連サイト
特定の携帯電話機の出品取り扱いについて
携帯電話機の不正取得ならびに不正契約に対する取り組みについて ソフトバンクモバイル株式会社
□参考記事
ソフトバンクモバイル、最新機種のYahoo!オークションへの出品を禁止



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。