ITニュースTODAYインターネット > フレッツ光ネクスト NTT、NGNの商用サービス内容発表
2008年02月27日

フレッツ光ネクスト NTT、NGNの商用サービス内容発表

 NTT東日本、NTT西日本は2008年2月27日、2008年3月に提供開始を予定する次世代ネットワーク(NGN)の商用サービスの内容を発表しました。

 商用サービスの名称は「フレッツ光ネクスト」となります。またサービス時の料金案も明らかにしました。

 総務省が2月25日に同社のNGNを使った業務を認可したことを受けて、現時点での検討状況を明らかにしたもので詳細なサービス内容については3月下旬に改めて公表するとしています。

 ITニュースランキングで記事を見る

 NGN商用サービスのブランド名「フレッツ 光ネクスト」について両社では、「次世代を担うNGNの先進性」と「フレッツ光の浸透度」を踏まえて決定したと説明しました。フレッツ 光ネクストで提供する個人向け接続サービスは、最大100Mbpsの戸建て向けプラン「ファミリータイプ」と集合住宅向けの「マンションタイプ」で、料金は既存サービスと同額になるそうです。また、事業所向けの「ビジネスタイプ」は最大通信速度が概ね1Gbpsで、料金は同等程度を見込んでいるそうです。

 NTT東西のFTTH回線経由で、最大伝送速度が100Mビット/秒のブロードバンド(高速大容量)サービスや、加入電話と同じ体系の0AB〜J番号を使えるIP電話サービス「ひかり電話」を提供する。月額料金は既存のBフレッツ(戸建て向け月額4100円、税別、以下同)とひかり電話(無料通話3時間相当を含めて月額1500円)と同額とする。ひかり電話では、新たにハイビジョン(HDTV)画質のテレビ電話が追加される。このサービスの通話料は3分間100円とするそうです。

 フレッツ光ネクストおよびひかり電話系のサービスエリアは、2008年3月末でNGNフィールドトライアルを実施した東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府の一部地域を予定しています。その後、2008年末までに政令指定都市や県庁所在地などにエリア拡大を順次行ない、2010年度末までに現行のBフレッツサービスと同等までにエリアを広げたいとしています。

 なお、料金やその他提供条件は2月27日時点のもので、3月末の商用サービス提供時とは内容が異なる場合があるそうです。


 NTTのインターネットの接続サービスといえば、INSテレホーダイ、フレッツISDN、フレッツADSL、光ファイバーのフレッツ光。そして次世代ネットワーク(NGN)のフレッツ光ネクストとなる。伝送速度もずいぶん高速になった。NTT以外の通信会社はどう対抗していくのかが気になります。


□関連サイト
NTT東日本 ニュースリリース
次世代ネットワーク(NGN)商用サービスの提供に向けた検討状況について
□参考記事
NTT、NGNの商用サービス名称を「フレッツ 光ネクスト」に。料金案も公表
【速報】NTTのNGN商用サービス名は「フレッツ光ネクスト」に
NTTのNGN商用サービス名は「フレッツ光ネクスト」に



この記事へのコメント
NTTの「NGN」やこれから始まる「地デジ」は、日本版エシュロン(通信傍受システム)の可能性あり
Posted by blog at 2008年03月03日 17:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。