ITニュースTODAYテクノロジー > 超高速インターネット衛星「きずな(WINDS)」打ち上げ成功
2008年02月24日

超高速インターネット衛星「きずな(WINDS)」打ち上げ成功

 2月23日、超高速インターネット衛星「きずな(WINDS)」を搭載したH2Aロケットが午後5時55分、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられました。

 H-IIAロケット14号機は正常に飛行し、打ち上げ後約28分3秒後に「きずな」を分離した事を確認しまたそうです。

 打ち上げは、三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)が共同で実施しました。

 日本国内、東南アジア、太平洋地域をカバーする3つのアンテナを備えた「きずな」(重さ2.7トン)は、インターネット環境の整っていない山間部や離島での大容量・高速データ通信に関する実験を行うそうです。

「きずな」の打ち上げは、ロケットの技術的問題などからプロジェクト開始から12年かかって実現しました。打ち上げにかかった費用は522億円だそうです。

 JAXA関係者は「きずな」について、 「住んでいる場所にかかわらず誰もが高速通信を楽しめる社会づくりに貢献するだろう」と期待を述べました。


(以下JAXA|超高速インターネット衛星「きずな(WINDS)」公式サイトより引用)
 「きずな(WINDS)」は、将来の情報ネットワークの更なる高速・大容量化を想定し、一般家庭でも超小型アンテナ(CS受信アンテナとほぼ同じ直径45センチ程度)を設置することにより、最大155Mbpsの受信及び6Mbpsの送信を、また企業等においては直径5メートル級のアンテナを設置することにより最大1.2Gbpsの超高速双方向通信の達成を目的としています。

 さらに、国内インターネット網の超高速化にあわせた国際的なインターネットアクセスの超高速化、特に我が国と身近なアジア・太平洋地域の諸国との超高速通信の実現も目的としています。 「きずな(WINDS)」は、インターネット、教育、医療、災害対策、ITS(高度道路交通システム)などの各分野における衛星利用を推進する宇宙インフラ構想「i-Space」の中で、大容量データ通信分野の技術実証を担う衛星です。
(引用ここまで)


 超高速インターネット衛星きずなを搭載したロケットの打ち上げに成功して無事分離出来て良かったです。よく衛星を積んだロケットが打ち上げに失敗して何億ものお金を無駄にする印象があるので、打ち上げの映像を見ると成功してくれと祈ってしまいます。

 衛星の準備が整えば一般家庭でも直径45センチほどのアンテナを設置すれば超高速インターネットが出来るので楽しみです。山奥の山間部や離島などインターネット環境が整っていないところでは、利用価値がありますね。

 設置費用や入会金などの初期費用、年額や月額はいくらくらいで利用することが出来るのか気になります。衛星による超高速インターネットの今後に期待したいです。

□参考記事
超高速インターネット衛星「きずな」、種子島から打ち上げ
□関連サイト
JAXA|超高速インターネット衛星「きずな(WINDS)」
JAXA|きずな特設サイト



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。