ITニュースTODAYインターネット > Google、動画内アドセンス広告「AdSense for Video」ベータ版開始
2008年02月22日

Google、動画内アドセンス広告「AdSense for Video」ベータ版開始

 米Googleは、これまで限定的なパイロットテストを行なってきた動画向けAdSenseである「AdSense for Video」を、米国で公開ベータテストとして開始すると発表しました。

 今回発表されたAdSense for Videoベータ版には、2種類の広告が含まれます。1つ目はInVideo広告「ビデオ内広告」で、これは動画の下部に画像を含む広告を表示。その部分をクリックすると、動画の再生が一時的に止まり、かぶせるような形で動画広告を再生することができる。広告が1,000回表示されるごとに広告料が支払われ、いわゆるインプレッション単価ベースで広告料が支払われるそうです。

 もう1つは、見なれたGoogle AdSenseのテキスト広告「テキスト・オーバーレイ広告」です。この広告は動画の下部に帯状に表示され、動画中の信号や、動画が表示されているページのコンテンツに合わせてターゲット広告として配信される。クリック単価ベースで広告料が支払われる。いずれも再生画面内の下部20%を占めるスペースを使って広告を表示するそうです。ビデオ内広告の場合の支払はCPMベースで、一方のテキスト・オーバーレイ広告はCPCベースとなります。

 現在、AdSense for Videoのベータテストに申し込むことができるのは、米国にある英語サイトのみです。さらにFlash 7.0を使用し、かつ動画視聴回数が月100万回以上という条件があります。Googleでは将来的に、様々な規模のサイトや地域にAdSense for Videoサービスを拡大したい考えのようです。

 日本での開始はまだですが、AdSense for Videoがスタートすればウェブサイトの動画に広告が入っているのを目にすることになりそうです。また現在アフィリエイトやグーグルアドセンスをブログやサイトで行っている人は動画コンテンツ用広告「AdSense for Video」が広告を掲載する選択肢のひとつになるでしょう。

□参考記事
グーグル、動画コンテンツ用広告「AdSense for Video」を開始
米Google、「AdSense for Video」のベータテストを米国限定で開始
米Google、「ビデオ版AdSense」ベータ版の提供開始



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。