ITニュースTODAYビジネス > 三菱電機が世界初「レーザーテレビ」発売
2008年02月15日

三菱電機が世界初「レーザーテレビ」発売

 三菱電機は14日、画面の後ろからレーザー光を直接照射して画像を映し出す世界初の「レーザーテレビ」を開発し、今秋にも米国で発売すると発表しました。

 液晶テレビやプラズマテレビに比べ高画質。65型と大画面で、次世代の薄型テレビと期待しているそうです。

 液晶テレビはカラーフィルターに通した光で画像を映し出しているが、レーザーテレビは赤、青、緑のレーザー光を画面に直接当てるため、画像が鮮やかになるそうで、65型で厚さは約25センチと液晶・プラズマ並みの厚さです。

 大画面の人気が高いアメリカに先行投入して、日本での発売は米国の反応を見て検討するそうです。

 三菱電機は薄型テレビで後れをとっているが、レーザーテレビで巻き返したい考えのようです。


 液晶テレビ、プラズマテレビに続いてレーザーテレビなるものが登場するようですが、従来とは異なった方法で映像を映し出すため、画像が鮮やかになるみたいですが、気になる価格ですが普及するまではかなりの高額になるかも知れません。


□参考記事
レーザーTV:大画面で高画質…世界初、米で今秋にも発売(毎日新聞)



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。