ITニュースTODAYモバイル > ノキア製携帯電話にグーグル検索エンジン搭載
2008年02月13日

ノキア製携帯電話にグーグル検索エンジン搭載

 ノキア(Nokia)とグーグル(Google)は2月12日、ノキア製の携帯電話にグーグルの検索エンジンを搭載することを発表しました。

 ノキアは、世界市場でヤフー(Yahoo!)およびマイクロソフト(Microsoft)と、中国で百度(バイドゥ)と、ロシアではYandexとそれぞれ同様の提携関係を結んでいる。

 グーグルの検索エンジンが搭載されるのは、上位機種「Nシリーズ」のみで、サービスが提供される市場も限られる。ただ両社は、将来的には同シリーズ以外の機種にも対象を広げる方針。

 グーグル検索は、一部の携帯電話および市場を対象に当初は提供されるが、その後、100カ国以上のマスマーケット向けモデルに加えられる、と両社では述べています。

 グーグルでは、ノキアの「S60」プラットフォームと直接競合する携帯電話向けアンドロイドソフトウェアを2008年後半にリリースする予定です。

 グーグル検索はノキア独自の検索アプリケーションから利用可能で、ノキアが11日に発表した新マルチメディア携帯電話4機種からまずは利用できるようになります。

 ノキアの検索アプリケーションは40種類のモデルに搭載されています。

 ノキアとグーグルは、グーグルの検索エンジンをノキア製インターネットタブレットに搭載するなど、既に一部の分野で提携している。また、ノキアの一部の最上位機種モデルは、グーグル傘下の人気動画共有サイトYouTubeもサポートしています。


 ノキア製の携帯電話にGoogle検索エンジンを搭載となると、他社の携帯製造メーカーも追従となり、携帯電話の検索エンジンはGoogleが主流となるかも知れません。


□参考記事
ノキア、米グーグルの検索エンジンを携帯電話に搭載へ
ノキア、グーグル検索へのアクセスを自社携帯電話で可能に



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。