ITニュースTODAYビジネス > 米家電大手が顧客にブルーレイディスクを推奨
2008年02月12日

米家電大手が顧客にブルーレイディスクを推奨

 アメリカ家電小売り大手のベスト・バイが11日、ソニー(SONY)などが推す次世代DVD規格「ブルーレイ・ディスク(Blu-ray Disk )」を顧客に推奨する方針を明らかにしました。

 これによって、次世代DVDの主導権争いは、「HD-DVD」を推す東芝(TOSHIBA)などに対し、ソニーをはじめとするブルーレイ陣営が一段と優位になりました。

 これに先立ち、米オンラインDVDレンタル大手のネットフリックスは11日、今後ブルーレイ規格のDVDのみを仕入れる方針を明らかにしました。複数の大手映画会社が最近、ブルーレイへの支持を表明したことを受けた決定と見られています。


 次のDVD規格はどちらになるのかと思っていましたが、ブルーレイ方式を採用する流れとなっているようです。DVDレンタル店などではブルーレイディスクの方が品揃えがあるようになると、今後DVDプレーヤーの購入を考えている場合はBlu-ray Diskの方を買ったほうが良いかも知れません。


□参考記事 ■米ベスト・バイ、顧客に「ブルーレイ」推奨へ(ロイター)




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。