ITニュースTODAYテクノロジー > Segway&GM「PUMA」2輪電気自動車共同開発
2009年04月08日

Segway&GM「PUMA」2輪電気自動車共同開発

 米自動車メーカーGeneral Motors(GM)と米電動スクーターのSegwayは、米国時間2009年4月7日に、共同開発したニューヨークを走り回る新たな2輪コンセプト乗用車「PUMA」の発表を行いました。

 このプロトタイプ乗用車は「Project P.U.M.A.(Personal Urban Mobility and Accessibility)」というプロジェクトの下で開発された電動の2輪2シーターです。

 ◆ITニュースランキングで最新記事を見る にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ

 ◆PUMAに関する詳細情報、画像 ⇒人気ブログランキング

 PUMAは、「Segway Personal Transporter」(Segway PT)がベースとなっていますが、1人乗りではなく2人乗りで、立ったままの姿勢ではなく、座って乗れるようになっています。

「都市を迅速に、安全に、静かに、クリーンに、従来よりも低コストで走り回る」ことができるため、都市での渋滞緩和および環境汚染の解消が目指されています。

 P.U.M.A.プロジェクトでは環境問題などに配慮し、電気駆動装置とバッテリー、動的安定化(2輪バランス調整)、電力による加速・ハンドル操作・ブレーキ、車両間通信、自律運転・駐車などの技術を採用。これにより、エネルギー効率向上やゼロエミッション、安全性の強化などが可能になるとしています。

 今回披露したプロトタイプはリチウムイオンバッテリー、デジタルスマート電力管理、2輪バランス調整、デュアル電導ホイールモーター、車外でも使えるドック接続型の車載端末を備える。スピードは最高で時速35マイル(約56キロ)。1回の充電で最高35マイル(約56キロ)連続走行が可能で、充電コストは60セント程度の見込みとなっています。

 また、PUMAには、GMの「OnStar」テレマティクスシステムなどのハイテク機器が搭載されており、市内を走る他のドライバーの現在位置を把握することも可能になるそうです。

 PUMAは、都市部の交通機関が抱える種々の問題解決に役立てられると期待されており、ニューヨークで開催される自動車ショーでの正式公開が予定されているそうです。

 2輪電機自動車PUMAは環境に優しいエコカーで近くへ買い物に行くときなどに便利そうです。ちなみに日本で乗るとしたら普通自動車免許が必要になると思います。実用化されて市販されるのが楽しみです。

□関連サイト
プレスリリース
Segway Blog
Project P.U.M.A.
□参考記事
GMとSegway、小型の2輪電気自動車を披露
セグウェイとGM、新たな2輪電気自動車を共同開発
フォトレポート:セグウェイとGM共同開発の2輪電気自動車「PUMA」、マンハッタンを走行

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。