ITニュースTODAYモバイル > ソフトバンクが2年連続トップ2008年度携帯電話純増数
2009年04月07日

ソフトバンクが2年連続トップ2008年度携帯電話純増数

 電気通信事業者協会は2009年4月7日、2008年度末の携帯電話・PHSの契約数を発表しました。

 新規契約から解約を引いた2008年度の純増数は、ソフトバンクモバイルが204万6700件で2年連続の首位となりました。

 ◆ITニュースランキングで最新記事を見る にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ

 ◆2008年度携帯PHS純増数に関する詳細情報 ⇒人気ブログランキング

 ソフトバンクモバイルの携帯電話同士の国内通話が夜間を除いて無料になる「ホワイトプラン」の人気やアメリカアップル製の携帯電話「iPhone 3G(アイフォーン3G)」発売などが奏功し、全ての月で首位を維持しました。

 2位はNTTドコモで121万3000件、3位はパソコンとセットの形で販売したデータ通信用端末が好調だったイー・モバイルで99万8700件、4位はKDDI・auで50万3700件、PHSのウィルコムは5万1900件の純減となりました。

 携帯・PHS合計の2008年度の純増数は471万200件で、前年2007年度の564万1700件に比べて減りました。普及が進んだのに加え、携帯端末の価格引き上げが響いたとみられています。

□関連サイト
SoftBank
NTTドコモ
イー・モバイル
au by KDDI
WILLCOM|ウィルコム
□参考記事
携帯電話の純増数、ソフトバンクが2年連続首位 08年度
春商戦もソフトバンクモバイルが純増トップ--3月末の契約数
□関連記事 ■携帯電話契約純増数ソフトバンクが19カ月連続首位
auが3年連続首位!携帯顧客満足度調査
携帯電話満足度「ソニー・エリクソン」が初の首位

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。