ITニュースTODAYインターネット > マイクロソフト「Windows 7」β版ダウンロード制限撤廃
2009年01月13日

マイクロソフト「Windows 7」β版ダウンロード制限撤廃

 Microsoftは当初「Windows 7」β版のダウンロード数が250万件に達したら公開を打ち切る予定でしたが、ユーザーの関心の高さを考慮し、約2週間に渡って(1月24日まで)同ソフトウェアのダウンロード件数を250万件に制限する措置を撤廃して250万件を超えても公開を続けることにしたそうです。

 ◆ITニュースランキングで最新記事を見る にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ

 ◆Windows 7 β版ダウンロードに関する詳細情報  ⇒人気ブログランキング

 同社の公式ブログによると、(Windows 7への)非常に高い需要があることを受けて、ダウンロード環境は理想的なものとなっていなかったが、われわれは、こうした状況を考慮して、より良いエクスペリエンスの提供を確実なものとするべく、必要な措置を講じることにした。Windows 7のベータ版をチェックしてみたいというリクエストが多いため、(1月24日までの)今後2週間は、パブリックベータ版のダウンロードを先着250万件に限るとの方針を撤廃することに決定した。この期間中は、たとえダウンロード件数が250万を超えたとしても、自由にベータ版へアクセス可能となる。

 また米MicrosoftのWindows 7開発チームは1月9日、予定より遅れていたWindows 7 βのダウンロードをスタートしたと午後9時53分(米東部時間)に公式ブログで発表しました。日本語を含む5カ国語対応の32ビット版と64ビット版が、Microsoftのサイトからダウンロード可能となりました。

□関連サイト
http://www.microsoft.com/windows/windows-7/beta-download.aspx
□参考記事
Windows 7 β、ようやくダウンロード開始
マイクロソフト、「Windows 7」ベータ版のダウンロード制限を撤廃
□関連記事
Windows 7ベータ版ダウンロード開始
「Windows 7」次期OSウィンドウズは2010年初頭に日米同時発売
マイクロソフト新OS「Windows 7」正式名称に決定
Windows Vistaは短命の可能性!次期OS「Windows7」とは



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。