ITニュースTODAYインターネット > YouTube、ワーナーミュージックと交渉決裂で動画を削除
2008年12月22日

YouTube、ワーナーミュージックと交渉決裂で動画を削除

 米Warner Music GroupとYouTubeは、Warner Music(ワーナーミュージック)が保有する音楽ビデオのライセンス契約の更新をめぐり交渉を進めてきましたが、米国時間2008年12月19日に交渉は決裂しました。

 これを受け、Warnerは20日に同社のビデオをYouTubeから削除したそうです。

 ◆ITニュースランキングで最新記事を見る にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ

 ◆YouTubeとワーナーの交渉が決裂した原因とは ⇒人気ブログランキング

 現在、Universal Music Group、Sony Music、EMIを含めた米国4大レコード会社がYouTubeとライセンス契約の交渉を行っており、その中での今回の交渉決裂となりました。

 これはワーナーミュージックとYouTubeの間で、アーティストの動画が再生されるごとにYouTubeから広告収入の分配を受けるという契約が交わされていたにもかかわらず、ワーナーミュージックがYouTubeから受け取る収益が考えられないほど低かったため、YouTubeから手を引くことになったそうです。

 YouTubeの幹部は「今年一年、広告収入を増やすことに非常に努力した」と述べていますが、今後ワーナーミュージックだけでなく、YouTubeが提携しているユニバーサルミュージックやソニーミュージックエンタテイメント、EMIミュージックといったレコード会社も、同様にYouTubeに対して高額の収益を要求してくるであろうとしています。

 Warnerの決定を受け、ほかの大手レーベルの関係筋は、近いうちにコンテンツを引き上げることはないとの見通しを示しているそうです。そして、従来よりも利益の出る新しい手法についてYouTubeと話し合っているそうです。またほかのメディア企業がWarnerと同じ行動に出るかどうかも不明としています。

□関連サイト
YouTube
Warner Music Group
□参考記事
[WSJ] Warner Music、YouTubeからコンテンツを引き上げ
YouTube、Warner Musicとのライセンス契約更新をめぐる交渉が決裂
ワーナーミュージックがYouTubeと提携解消、数十万件の動画を削除へ
□関連記事
エイベックス、YouTubeに公式チャンネル
YouTubeテレビ番組全編配信サービス開始
YouTubeの動画が保存できる無料ソフト「Woopie Video DeskTop」
NHK、YouTubeで動画配信開始
YouTube、au携帯に対応で動画視聴、動画投稿可能に
YouTube高画質で再生が可能に



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。