ITニュースTODAYインターネット > ストリートビュー、Googleに中止を要請
2008年12月21日

ストリートビュー、Googleに中止を要請

 インターネット検索大手、Google(グーグル)社の地図と写真を組み合わせたサービス「ストリートビュー」について、上智大の田島泰彦教授やジャーナリストの斎藤貴男さんら13人が2008年12月19日、「市民の同意なく住宅地などを撮影、公表するのはプライバシー権を侵害する」として中止を求める要請書を同社に送付したそうです。

 ◆ITニュースランキングで最新記事を見る にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ

 ◆ストリートビューで問題になっている画像とは ⇒人気ブログランキング

 同サービスはグーグルサイトの地図上を示すと、付近の風景が映し出されます。要請書は「インターネットを通すことによりプライバシー情報を広範に流布し、深刻な権利侵害をもたらす」と指摘。サービス提供の中止と画像の削除などを求めているそうです。

 要請書には弁護士ら142人が賛同者として名を連ねました。

 ストリートビューをめぐっては、大阪府茨木市議会や東京都町田市議会が政府に対策を求める意見書を可決するなど、問題視する声が相次いでいます。

 ストリートビューとは、ネット上の地図で特定の地域の道路をクリックすると、地上2.5メートルの高さから撮影した360度のパノラマ写真を無料で見られるサービスです。しかし、写真では家の表札や人の顔、車のナンバーなどが読み取れるものがあるためプライバシーの問題が指摘されていました。

□関連サイト
Google マップ ストリートビュー
□参考記事
http://www.47news.jp/CN/200812/CN2008121901000354.html
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/it/internet/206621/
□関連記事
Googleマイマップ削除しても情報が残り個人情報流出の可能性
「Google Earth」ブラウザで利用可能に グーグルがプラグイン発表
Google Skyブラウザ版が登場



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。