ITニュースTODAYモバイル > 携帯電話契約純増数ソフトバンクが19カ月連続首位
2008年12月06日

携帯電話契約純増数ソフトバンクが19カ月連続首位

 電気通信事業者協会(TCA)は2008年12月5日、11月末時点の携帯電話およびPHSの契約数を発表しました。

 ソフトバンクモバイルが19カ月連続で純増数首位となりました。

 ◆ITニュースランキングで最新記事を見る にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ

 ◆携帯電話純増数についての詳細情報 ⇒人気ブログランキング

 事業者別契約数では、NTTドコモが6万5100件の純増で累計5403万4700件。2in1は2100件の純増で、累計44万8600件でした。auを展開するKDDIは、1万5800件の純増で累計3051万4200件。ソフトバンクモバイルは純増数11万3000件で累計1986万4600件、ダブルナンバーは1600件純増の累計6400件となっています。イー・モバイルの契約数は純増数9万7300件で101万1500件となりました。

 ウィルコムが提供しているPHSの契約数は4700件純増(前月比0.1%増)の456万8500件となっています。

 一方、番号持ち運び制度(MNP)では、ドコモが1100件の転出超となり、10月の1万3000件の10分の1となり、制度導入以来続く転出超に歯止めがかかりそうです。ドコモから他社へ契約者が流れるという制度導入以来の構図が崩れ始めているようです。

□関連サイト
SoftBank
NTTドコモ
イー・モバイル
au by KDDI
WILLCOM|ウィルコム
□参考記事
ソフトバンクモバイルが19カ月連続で純増数トップに--TCA調べ
携帯契約純増、ソフトバンク19カ月連続の首位
□関連記事 ■auが3年連続首位!携帯顧客満足度調査
携帯電話満足度「ソニー・エリクソン」が初の首位
携帯4社が次世代携帯電話サービスを導入
携帯電話メルアド持ち運び2010年にも制度化
ソニー・エリクソン携帯共同開発離脱 ドコモから完全撤退



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。