ITニュースTODAYモバイル > ノキア、日本で携帯電話通信事業に参入
2008年11月22日

ノキア、日本で携帯電話通信事業に参入

 携帯電話端末世界最大手のノキア(Nokia フィンランド)が日本で独自の携帯電話通信サービスに参入することが2008年11月22日、明らかになりました。

 NTTドコモから通信回線を借り、MVNO(仮想移動体通信事業者)として、超高級端末を使った富裕層向けサービスを2009年3月にも始めるそうです。携帯端末メーカーが通信事業を手掛けるのは国内では初めてとなります。

 ◆ITニュースランキングで最新記事を見る にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ

 ◆ノキア通信事業参入に関する詳細情報 ⇒人気ブログランキング

 ノキアは2009年2月から、富裕層を対象にした高級携帯端末ブランド「ヴァーチュ(VERTU)」の販売を始め、3月に通信サービスを開始するとみられる。ヴァーチュはチタンや金など貴金属などを使った1台60万―350万円の超高級端末で、世界の約50カ国で販売されています。

 この端末の利用者向けに、専用オペレーターがホテルやレストラン、飛行機の予約などを代行するサービスや独自の音楽、ニュース配信サービスなどのサービスや料金を設定する方針で、将来、価格の安い普及機種を投入する可能性もあるそうです。

 ドコモと競合しないよう、「iモード」や、携帯向け地上デジタル放送「ワンセグ」などのサービスは提供しない方向だそうです。

 ノキアは自社の端末を使った携帯通信事業を手掛けることでブランドを浸透させ、端末販売の拡大を目指すのが狙いとみられ、販売網も整備し、通信料金も独自設定する方向です。ノキアは携帯電話の販売で世界シェアの4割を握っています。

 携帯端末メーカーが通信事業を手掛けるのは日本では初めてで、携帯電話サービス事業の競争が一層激しくなりそうです。

□関連サイト
ノキア・ジャパン
Nokia Online shop
NTTドコモ
□参考記事
ノキア、日本で独自の携帯サービス ドコモから回線借り
ノキア:日本で携帯電話事業に参入へ 端末メーカーで初
ノキア、通信事業で日本参入 携帯世界最大手端末メーカー
□関連記事
ソフトバンクモバイル「930SC OMNIA」タッチパネルスマートフォン発売
NTTドコモとKDDIがアンドロイド搭載グーグル携帯を発売
イー・モバイル「Touch Diamond」S21HTスマートフォン発売
HTC「Touch Diamond」「Touch Pro」ドコモとソフトバンクから発売
RIM「BlackBerry Pearl Flip 8220」折りたたみ式スマートフォン発表
KDDIスマートフォンau「E30HT」発表
携帯各社スマートフォン発売 au「Touch Pro」ドコモ「BlackBerry」新機種
スマートフォン「ブラックベリー」NTTドコモ8月販売 iPhoneに対抗



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。