ITニュースTODAYデジカメ > ソニー、1225万画素携帯カメラ「IMX060PQ」
2008年11月14日

ソニー、1225万画素携帯カメラ「IMX060PQ」

 ソニーは2008年11月13日、携帯電話向けとしては業界最多画素となる有効1225万画素CMOSセンサー「IMX060PQ」を2009年3月から出荷すると発表しました。

 デジタル一眼レフやハイビジョンビデオカメラ向けセンサーと同じ「Exmor」ブランドで販売するそうです。「携帯電話で高画質に写真を撮る楽しみを訴求する」としています。

 ◆ITニュースランキングで最新記事を見る にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ

 ◆有効1225万画素CMOSセンサー「IMX060PQ」についての詳細情報 ⇒人気ブログランキング

 業界最小となる1.4μメートルの画素形成技術を確立、1/2.5インチサイズで業界最多画素を達成しました。画素の微細化は画質低下につながりますが、微細配線が可能な銅プロセスや独自画素構造の採用などにより、業界最小画素ピッチながら高感度・高S/Nを実現したそうです。

 同センサーを搭載するレンズモジュール「IU060F」も商品化。35ミリ換算で28ミリ相当のレンズ(F2.8)を搭載し、オートフォーカス機能やインタフェースを搭載しながら業界最小・最薄化しました。

 ソニーは携帯電話向けとしては業界最多画素となる有効1225万画素CMOSセンサーを開発して「Exmor」ブランドで販売します。もはや携帯電話のカメラはおまけではなくデジカメ以上の高画質を撮影できるカメラが搭載されることになりそうです。

□関連記事
ソニー
ニュースリリース
□参考記事
携帯カメラで1225万画素 ソニー、業界最多画素CMOSセンサー
□関連記事
富士フイルム世界初「3Dデジカメ」来年発売
松下「LUMIX DMC-G1」世界最小デジタル一眼カメラ
ソニー世界最薄デジカメ「DSC-T77」サイバーショットTシリーズ
使い切りデジカメ「エコデジカメ」プラザクリエイトから8月発売



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。