ITニュースTODAYインターネット > Googleマイマップ削除しても情報が残り個人情報流出の可能性
2008年11月10日

Googleマイマップ削除しても情報が残り個人情報流出の可能性

 Googleマップの「マイマップ」機能で、削除したはずの情報が地図上に残っていたり、検索結果に表示しない設定に変えても検索結果に残っている場合があることが分かりました。

 完全削除や設定変更を全サーバに反映するのに時間がかかることが原因で、グーグルは対応を急いでいるそうです。

 ◆ITニュースランキングで最新記事を見る にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ

 ◆Googleマイマップ個人情報流出に関する詳細情報 ⇒人気ブログランキング

 マイマップは、ユーザーがスポット情報を登録し、オリジナル地図を作成できるサービスです。情報は「一般公開」か「限定公開」を選択でき、限定公開の場合は検索結果に表示されない仕様となっています。

 初期設定は一般公開になっているため、個人情報を登録したマイマップをユーザーが一般公開になっていることを知らずに公開してしまい、個人情報が流出したケースが相次ぎました。

 一般公開されたマイマップの情報は「Googleの数千、数万というサーバに格納されている」(グーグルの広報担当者)ため、限定公開に変更したり、情報を削除した場合も、全サーバから情報を削除するのに時間がかかり、検索結果に表示され続けることがあるとしています。同社は「時間がたてば表示されなくなる。タイムラグがなくなるよう今、必死でトライしている。なるべく早く対応していく」としています。

 同社はブログで、削除を急ぐ場合は専用フォームからリクエストした上で情報を削除するよう呼び掛けています。リクエストを受け付けたデータについては、優先的に削除するそうです。

 Googleマイマップには欠陥があるようです。個人情報が漏れる危険性があるので心配な方は利用しないのが一番の防衛策でしょう。

□関連サイト
Googleマップ
ブログ
専用フォーム
□参考記事
Google「マイマップ」、削除しても情報が残る問題 「早急に対応する」
□関連記事
「Google Earth」ブラウザで利用可能に グーグルがプラグイン発表
Google Skyブラウザ版が登場



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

怖いぞ、グーグルマップ
Excerpt: グーグルマップ設定注意 個人情報“公開”相次ぐ 「グーグル」が提供する無料地図情報サービス「グーグルマップ」で、個人情報が誤って閲覧可能になっているケースが相次いでいる。 テレビのニュース..
Weblog: ◆小耳書房◆
Tracked: 2008-11-13 10:57
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。