ITニュースTODAYモバイル > 携帯4社が次世代携帯電話サービスを導入
2008年11月09日

携帯4社が次世代携帯電話サービスを導入

 NTTドコモなど携帯電話4社は2008年11月7日、2010年以降に商用化される次世代携帯電話サービスの導入を目指すことを表明しました。「3.9世代」とも呼ばれ、光ファイバー通信回線並みの高速通信が可能となるそうです。

 KDDIは同日、「LTE(ロング・ターム・エボリューション)」という規格を採用すると正式に表明しました。ドコモ、ソフトバンクモバイル、イー・モバイルと規格が統一されるとのことです。

 ◆ITニュースランキングで最新記事を見る にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ

 ◆次世代携帯電話サービスについての詳細情報 ⇒人気ブログランキング

 4社の計画表明を受け、総務省は2009年春までに募集要項を定め、同年夏をメドに事業者を決めるとのことです。正式申請に際しては4社以外の事業者が加わる可能性もあるそうです。ただ、総務省が割り当て可能な周波数帯の範囲に限りがあり、選定事業者は3社以下となる可能性もあるそうです。来夏の事業者決定に向けて、周波数獲得を巡る駆け引きが本格化することになりそうです。

 携帯電話にも高速通信の時代がやってきそうです。長時間の動画などを携帯電話で手軽に見られるようになるかもしれません。

□関連サイト
SoftBank
NTTドコモ
イー・モバイル
au by KDDI
総務省
□参考記事
次世代携帯電話サービス、4社が導入へ名乗り
□関連記事
携帯電話メルアド持ち運び2010年にも制度化



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。