ITニュースTODAYインターネット > ネット日本語ドメイン名「.日本」漢字表記導入決定
2008年11月03日

ネット日本語ドメイン名「.日本」漢字表記導入決定

 総務省はインターネットのホームページ上で国籍を表すドメイン名の末尾に、「.日本」という漢字の表記を導入することを決めました。

 現在は「.jp」などアルファベット表記に限られていますが、国際的な見直しの動きにあわせて解禁するそうです。

 ◆ITニュースランキングで最新記事を見る にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ

 ◆ドメイン名「.日本」に関する詳細情報 ⇒人気ブログランキング

 解禁するメリットとして、利用者の選択の幅を広げるとともに、ホームページのドメイン名の管理業務についても新規参入や競争を促すのが狙いのようです。2009年夏にも導入するそうです。

 ドメイン名の末尾は「.jp」や「.us」など国名を識別する意味があり、世界で約250種類あります。日本では「日本レジストリサービス」(東京・千代田)が「.jp」のつくホームページのドメイン名や登録者の管理などの業務を一括しており、業務の開放を求める意見も出ていたとのことです。

 現在はあまり日本語のドメイン名はブラウザーのアドレス欄に入力したことがありませんが、漢字表記が導入されて一般的に普及することになるのか気になります。

□関連サイト
総務省
日本レジストリサービス(JPRS)
□参考記事
ネットのドメイン名、「.日本」09年夏にも解禁 総務省



この記事へのコメント
「.日本」

ではなく

「。日本」

には技術的にできないんでしょうかね

打ち込みがそのほうが統一されてスムーズです・・
Posted by at 2009年02月21日 23:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。