ITニュースTODAYテクノロジー > ソニー製ノートPC用電池パック10万個自主回収
2008年10月31日

ソニー製ノートPC用電池パック10万個自主回収

 日本ヒューレット・パッカード(HP)と東芝は2008年10月31日、ソニー製リチウムイオン電池を搭載した一部のノートPC用電池パックを無償交換すると発表しました。

 過剰発熱による事故が、発煙・発火事故を含めて世界で40件発生したことを受け、回収を決めたそうです。国内での事故の報告はないとのことです。

 ◆ITニュースランキングで最新記事を見る にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ

 ◆ソニー製ノートPC用バッテリーリコールについての詳細情報 ⇒人気ブログランキング

 回収対象の電池は世界で約10万個(ソニー製ノートPC用バッテリー、10万台をリコール)。国内では1700個で、日本HP分が600個、東芝分が1100個。ソニーの「VAIO」には搭載されていないとのことです。

 ソニーによると全世界での事故報告は40件で、軽度のやけど4件、軽度の器物損傷21件を含みます。

 ソニーは原因について、2004年10月から2005年6月の特定期間の製造ライン調整が一部の電池セルの品質に影響を与えたと推定しています。一部部材不良によると思われる事故もごく少数ながら含まれているとも述べています。

 2006年にもソニー製リチウムイオン電池が発火する事故があり、自主回収が行われましたが、、このときはDell、Apple、富士通、Lenovoなどが合計で900万台以上を自主回収されました。今回のリコール対象バッテリーは、2006年に自主交換対象となったバッテリーセルとは異なるタイプであるとソニーは説明しています。

□関連サイト
ニュースリリース(ソニー)
ニュースリリース(日本ヒューレット・パッカード)
自主回収プログラムについて(東芝)
□参考記事
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0810/31/news028.html
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0810/31/news051.html
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20081031_sony_battery/



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。