ITニュースTODAYテクノロジー > パナソニック、モバイル機器用燃料電池開発
2008年10月20日

パナソニック、モバイル機器用燃料電池開発

 パナソニックは2008年10月20日、世界最小のノートパソコン、携帯電話、デジタルスチルカメラなどのモバイル機器用の燃料電池を開発したと発表しました。

 体積は従来の約半分で、現在ノートPCに使われているリチウムイオン電池パックとほぼ同じ大きさだそうです。2012年の商品化を目指すそうです。

 ◆ITニュースランキングで最新記事を見る にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ

 ◆PanasonicノートPC向け燃料電池についての詳細情報、画像 ⇒人気ブログランキング

 燃料を携帯すれば電源不要の燃料電池は、新型電源として各社が開発を競っています。

 パナソニックが開発した燃料電池パックの体積は270cc。燃料や空気を送るポンプやモーターを改良し2年前に業界最小と発表した試作品からさらに半分に小型化されたとのことです。

 燃料電池はメタノールを燃料としたもので、燃料200ccあたりでノートパソコン約20時間の駆動が可能になるそうです。また、USB出力端子を2ポート備えて同時に複数の電子機器に電源を供給することができるマルチ充電器タイプもラインナップされているそうです。

 モバイル機器用直接メタノール型燃料電池システムを利用すればノートPCや携帯電話は電源が不要となり、燃料のメタノールを補充すれば、ずっと使えるなど用途が広がるので実用化されるのが楽しみです。

□関連サイト
パナソニック | Panasonic
プレスリリース
□参考記事
パナソニック、世界最小のノートPC向け燃料電池開発
これで電源不要?いよいよノートパソコンで使える燃料電池が登場へ



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。