ITニュースTODAYモバイル > ソニー・エリクソン携帯共同開発離脱 ドコモから完全撤退
2008年10月18日

ソニー・エリクソン携帯共同開発離脱 ドコモから完全撤退

 NTTドコモなどは2008年10月16日、ドコモやルネサステクノロジなどが進める携帯電話のプラットフォーム共同開発からソニー・エリクソンが抜けることになり、今後共同開発をルネサス、富士通、シャープの計4社で行うと発表しました。

 ソニー・エリクソンはすでにドコモ向けの携帯開発・生産から撤退する意向を固めており、共同開発からも手を引くことになり完全撤退することになるようです。

 ◆ITニュースランキングで最新記事を見る にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ

 ◆ソニエリ、ドコモ撤退に関する詳細情報 ⇒人気ブログランキング

 同プラットフォーム共同開発は、第3世代携帯電話の通信方式である「W-CDMA」と海外の主流である「GSM」の両方に対応した通信用LSI(大規模集積回路)や、基本的なソフト群を一体化して開発する目的で2004年にスタートしました。

 ソニー・エリクソンの携帯端末は、NTTドコモでは発売されなくなり、今後はau by KDDIのみとなってしまうのでしょうか。Sony Ericssonがドコモから撤退した真相が気になります。

□関連サイト
ソニー・エリクソン
NTTドコモ
ルネサス テクノロジ
□参考記事
ソニー・エリクソン、ドコモ携帯共同開発から離脱
□関連記事
NTTドコモ携帯端末4シリーズに再編11月発売
「ぎゃざポ」携帯に複数のポイントカード集約システムNTTコム開発
HTC「Touch Diamond」「Touch Pro」ドコモとソフトバンクから発売
携帯各社スマートフォン発売 au「Touch Pro」ドコモ「BlackBerry」新機種
NTTドコモ「907iシリーズ」で生活支援型情報サービス開始
ソニー・エリクソン携帯電話事業を見直し撤退は否定



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Docomoの2008冬の新ラインナップについての第一印象
Excerpt: ケータイの機能が飽和状態であるご時世に、これだけ多種多様なラインナップを用意したことが吉とでるか、凶と出るか…個人的には後者だと思っている。売り上げが分散し、機体開発の回収が難しくなるのでは?と懸念し..
Weblog: タダのブログ:kazu氏(ex.なかのひと)の裏ページ
Tracked: 2008-11-05 17:21
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。