ITニュースTODAYモバイル > 「ぎゃざポ」携帯に複数のポイントカード集約システムNTTコム開発
2008年10月10日

「ぎゃざポ」携帯に複数のポイントカード集約システムNTTコム開発

 NTTコミュニケーションズは2008年10月9日、1台の携帯電話に複数のポイントカードや会員証カードを集約できるシステム「ぎゃざポ」を開発したと発表しました。

 家電量販大手のビックカメラなど3社と共同で、首都圏で2009年2月の実証実験を目指すそうです。

 ◆ITニュースランキングで最新記事を見る にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ

 ◆携帯電話会員証集約システム「ぎゃざポ」についての詳細情報 ⇒人気ブログランキング

 NTTコムが開発したアプリケーション技術「Key-Shuttle(キー・シャトル)」を利用し、携帯電話に各種ポイントカードや会員証を保存できます。FeliCaの通信機能を使い、専用リーダー/ライターにかざすだけで利用できるようにする。カードは約100枚以上を保存することが可能だそうです。

 既存のリライト式カードリーダー/ライターとも併用可能で、バーコード式でも携帯の画面にバーコードを表示するなどして対応可能など、既存システムをほぼそのまま使えるのが特徴としています。

 実証実験はビックカメラの有楽町店、ノジマのトレッサ横浜店、ランシステムのネットカフェ「スペースクリエイト自遊空間」のBIGBOX高田馬場店の3カ所で来年6月まで実施し、商用化の可能性を目指すそうです。実証実験に合わせ、専用リーダー/ライターを複数企業と共同開発する予定とのことです。

 財布のカード入れには複数のポイントカードや各種会員カードがたくさんあって、いざ出そうと思っても探すのに手間取ったりすることがあり大変です。NTTコムが開発した「ぎゃざポ」を使えば携帯電話にまとめることが出来て便利になりそうです。実証実験を経て実用化されるのが楽しみです。

□関連サイト
ニュースリリース
NTTコミュニケーションズ
ビックカメラ
□参考記事
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0810/10/news017.html
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20081010_ntt_com/
http://japan.cnet.com/mobile/story/0,3800078151,20381779,00.htm
□関連記事
FeliCa利用で携帯サイト購入映像コンテンツをPCで視聴可能に



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。