ITニュースTODAYテクノロジー > Eee Boxウイルス感染で販売、無償回収交換
2008年10月04日

Eee Boxウイルス感染で販売、無償回収交換

ASUS Tek Eee Box ホワイト Eee Box B202-WHT  台湾ASUSTek Computerの日本法人は2008年10月3日、前日の2日に日本で発売した小型デスクトップパソコン「Eee Box」(イーボックス)がウイルスに感染していたと発表しました。

 全製品について無償で回収・交換するそうです。

 ◆ITニュースランキングで最新記事を見る にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ

 ◆EeeBoxウイルス混入に関する詳細情報 ⇒人気ブログランキング

「Eee Box」のDドライブに含まれている「Recycled.exe」という実行ファイルがウイルスで、Dドライブを開いただけで感染が始まるそうです。

 Cドライブや接続したリムーバブルドライブに感染する恐れもあるため、USBメモリやSDメモリーカードなどを接続しないよう呼び掛けています。

 ASUSでは「ウイルスの名称はご使用のウイルス対策ソフトにより異なります」とコメントしていますが、ウイルス名は明らかにしていません。掲示板などではユーザーが、「W32.SillyFDC」(ノートン・アンチウイルス)、「flystudio」(NOD32)に感染していたと報告しているそうです。

 既にご購入されたユーザーには、製品交換により対応、製品交換の方法は、ASUSサポートセンターより案内するとしています。また製品交換に関しましては多少お時間がかかる可能性があるそうです。回収・交換は、サポートセンターの電話で受け付けています。

 パソコンにウイルスが混入していてDドライブを開いただけで感染する恐れがあるとは驚きです。なぜウイルスが混入したのか早急に原因を解明して対策をしてもらいたいです。

□関連サイト
ニュースリリース
ASUSTek Computer
□参考記事
「Eee Box」にウイルス 無償交換へ
Dドライブにウイルスが混入したまま出荷・販売された「Eee Box」、無償で回収・交換決定
□関連記事
ASUS発売延期した「Eee PC 900-X」「Eee Box」の発売日が決定
ASUS「N10J」Atom搭載モバイルノートPC
ASUS「Eee BOX」低価格デスクトップPCが日本で発売
ASUS「Eee PC 900-X」16GB SSD搭載ミニノートPC



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。