ITニュースTODAYテクノロジー > 富士通、低価格ノートパソコン国内発売
2008年09月26日

富士通、低価格ノートパソコン国内発売

 富士通は画面サイズが10型以下で価格が7万〜8万円台の低価格ミニノートパソコンを2009年夏をめどに日本で発売するそうです。

 低価格の小型ノートパソコンは、米ヒューレット・パッカード(HP)や米デル(DELL)、台湾アスース(ASUS)など海外大手メーカーが相次いで市場投入していますが、国内メーカーとしては初めてとなります。富士通は海外メーカーの製品よりも高性能な機種を投入して、高級志向の強い国内ユーザーの2台目需要を取り込む狙いのようです。

 ◆ITニュースランキングで最新記事を見る にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ

 ◆富士通低価格小型ノートパソコンに関する詳細情報 ⇒人気ブログランキング

 富士通は国内市場に先駆けて、今年11月に香港やシンガポールなどで500ドル(5万3000円)〜600ドル(6万3600円)の小型ノートパソコンを販売します。台湾または中国のパソコンメーカーに製造を委託することで価格を抑えるそうです。

 2009年の夏に国内発売する新製品は、香港などで今年11月に発売する低価格モデルに比べCPU(中央演算処理装置)が高性能で、同社の現行の小型モデル「ルークスシリーズ(LOOX)」14万円以上の半分程度の価格帯となります。

 国内で発売するモデルは、上位のルークスシリーズに準じるモデルに位置づけ、低価格と高機能を求めるユーザー層に売り込みを図る狙いのようです。

 低価格の小型パソコンは海外メーカーが相次いで市場投入し、人気となっています。日本でもノートパソコンに占める比率が2割を超えるなど市場が急拡大しています。これに対し、高級路線を進めてきた国内メーカーはこの分野では出遅れており、現時点で参入しているところはありません。富士通の発売をきっかけに、国内他メーカーも低価格ミニノートPC市場に参入してくるかも知れません。

□関連サイト
富士通
□参考記事
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0809/26/news022.html
http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20380967,00.htm
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080926_fujitsu_netbook/
□関連記事
サムスン電子「Samsung NC10」低価格ミニノートPC発売
東芝小型ノートPC「NB100」
ASUS「N10J」Atom搭載モバイルノートPC
東芝AtomミニノートPC「Satellite NB105」
Dell Inspiron Mini 9低価格ミニノートパソコン発売
デル低価格ミニノートPC「Dell Mini」
ASUS「Eee PC 900-X」16GB SSD搭載ミニノートPC
Acer低価格ノートPC「Aspire one」値下げ
マウスコンピューター、エディオン共同で低価格ノートPC「EGPN550DR16XP」
レノボ「IdeaPad S10」低価格ミニノートPC
ソニー・東芝も低価格ミニノートPC市場へ進出
富士通、低価格ミニノートPC市場に参入
「Eee PC 901」を格安で購入する方法 イー・モバイル「D02HW」セットで1万4980円!
エイサー「Aspire one」低価格ミニノートPC
ソニーEeePCに対抗して低価格ノートPC発売か
「HP 2133 Mini-Note PC」高性能で低価格なミニノートPCが日本で発売!



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。