ITニュースTODAYビジネス > ソニー、デスクトップパソコン開発打ち切り
2008年09月15日

ソニー、デスクトップパソコン開発打ち切り

 ソニーは、デスクトップ型パソコンの商品開発を打ち切り、モニター部分に本体を組み込んだ一体型に切り替えるそうです。

 パソコンは省スペース性などからノートPCに需要がシフトしています。海外メーカーの低価格デスクトップ型攻勢も激化している影響で、ソニーは一体型で独自色を打ち出して販売拡大を図る狙いのようです。

 ◆ITニュースランキングで最新記事を見る にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ

 ◆ソニーデスクトップPC開発打ち切りに関する詳細情報 ⇒人気ブログランキング

 ソニーのパソコン「VAIO」で、本体、モニター、キーボードの3点セットのデスクトップ型は高性能機「タイプR」の1機種だけですが、9月20日に発売する新モデルは本体がモニターの背面部に一体化されています。

 ソニーパソコン事業幹部の話によると
「本体が別にある典型的なデスクトップ型は作らない」とのことです。

 デスクトップ型は拡張性が高く、CPU(中央演算装置)、記憶装置で高性能品を搭載しやすいメリットがあります。また、ノート型より製造コストが安く、最近では5万円を切るものも少なくありません。

 ソニーは過去に、典型的なデスクトップ型を最大4シリーズ展開してきましたが、省スペース化して「ボードPC」と呼ぶ一体型の比率を増やしてきました。

 本体とモニターの一体型は米アップル社の「iMac」をはじめ、NECや富士通などが販売しています。最近は最大手の米デルも本体を大幅に小型化するなど、パソコンの省スペース化の動きが加速しています。一方でノート型を得意とする東芝は、法人向けを除いてデスクトップ型を扱っていません。

 それとは逆に1982年に投入したデスクトップ型「PC98シリーズ」をヒットさせたNECは、「映像や音響性能が高い」点を評価して、現在も多くのデスクトップ型製品を扱っており、メーカーによって戦略の違いが一段と鮮明になってきました。

 パソコンは省スペースモデルがもてはやされて、デスクトップPCからボードPCなどの一体型やノートPCなどに変わってきているようです。今後デスクトップパソコンは一部のメーカーだけが製造することになってしまうのかも知れません。

□関連サイト
デスクトップ | 製品情報 | 個人向け | VAIOパーソナルコンピューター
□参考記事
デスクトップ型PC ソニー、開発打ち切り 一体型に完全シフト
□関連記事
ASUS「Eee BOX」低価格デスクトップPCが日本で発売
ソーテック、20.1型液晶付き低価格デスクトップPC発売
デル、ミニデスクトップPC「Studio Hybrid」



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。