ITニュースTODAYデジカメ > 松下「LUMIX DMC-G1」世界最小デジタル一眼カメラ
2008年09月13日

松下「LUMIX DMC-G1」世界最小デジタル一眼カメラ

 松下電器産業は2008年9月12日、レンズ交換式一眼デジタルカメラとしては世界最小となる「LUMIX DMC-G1」を10月31日に発売すると発表しました。

 オリンパスイメージングと共同で策定した新規格「マイクロフォーサーズシステム」を世界で初めて採用。ボディサイズは高さ83.6mm×幅124mm×奥行き45.2mm、重量約385g(本体のみ)という世界最小、最軽量の小型ボディです。

 ◆ITニュースランキングで最新記事を見る にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ

 ◆Panasonic LUMIX DMC-G1の画像、詳細情報 ⇒人気ブログランキング

 マイクロフォーサーズはボディとレンズを小型化するための規格。一眼レフデジカメのミラー部分を省略し、電子ビューファインダー(EVF)を採用した「一眼デジカメ」です。

「LUMIX DMC-G1」は、有効1210万画素の3分の4インチLiveMOSセンサーを搭載しています。EVFは144万ピクセル相当、背面の可動式液晶ディスプレイは3.0インチ・46万ピクセル表示。それぞれ視野率100%で、ファインダーと同じ画像をディスプレイでも確認できるそうです。

 オープン価格で、実売予想価格は本体のみが8万円前後、標準ズームレンズ付き「DMC-G1K」が9万円前後、標準ズームレンズと望遠ズームレンズ付き「DMC−G1W」が12万5000円前後とのことです。

 小型で軽量の一眼レフデジカメLUMIX DMC-G1は、女性でも使いやすいことをアピールして、これから運動会シーズンに向けて注目を集めそうです。

□関連サイト
DMC-G1|デジタルカメラ LUMIX(ルミックス)|Panasonic
□参考記事
松下、世界最小“一眼カメラ” 初の「マイクロフォーサーズ」機
松下、世界最小デジタル一眼「LUMIX DMC-G1」をリリース
松下電器が最小、最軽量のデジタル一眼
□関連記事
ソニー世界最薄デジカメ「DSC-T77」サイバーショットTシリーズ
使い切りデジカメ「エコデジカメ」プラザクリエイトから8月発売



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。