ITニュースTODAYテクノロジー > 三菱電機、レーザーテレビ「LaserVue」発売
2008年09月08日

三菱電機、レーザーテレビ「LaserVue」発売

 三菱電機は9月末から65インチのレーザーテレビ「LaserVue」を北米市場向けに発売することを正式に発表しました。

 従来の液晶テレビは、白い光をカラーフィルターに通して画像を映し出していますが、レーザーテレビは赤、青、緑のレーザー光を画面に直接当てるため、大画面にもかかわらず超高画質、低消費電力を実現し非常に安価となるそうです。

 ◆ITニュースランキングで最新記事を見る にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ

 ◆レーザーテレビ「LaserVue」に関する詳細情報 ⇒人気ブログランキング

「LaserVue」の色再現範囲はNTSC比200%で、圧倒的な高画質を実現しています。また大型であるにもかかわらず消費電力は液晶テレビやプラズマテレビを大きく下回る200Wを切るそうで、バックライトの劣化も無いとのことです。

 価格は、パイオニアのプラズマテレビ「KURO」のハイエンドモデルとして1万ドル(約108万円)で販売されている同サイズのモデルを下回る6999ドル(約76万円)となっています。

 また、価格や発売日は未定となっていますが、73インチの発売も予定されているそうです。

 三菱電機のレーザーテレビ「LaserVue」は米市場で先行発売されることになりましたが、日本での発売がいつになるのか気になるところです。今後、レーザーテレビの注目度が高くなることになりそうです。

□関連サイト
三菱電機 Mitsubishi Electric
Bitstream: Mitsubishi announces prices for its laser-based HDTV
□参考記事
三菱電機が新たに「レーザーテレビ」を発表、安価で大画面、超高画質、低消費電力を実現
□関連記事
ソニー世界最薄液晶テレビ「BRAVIA(ブラビア)ZX1」
ソニー、東芝が液晶テレビ生産を台湾企業に委託
ソニー、有機ELテレビ11型2009年に欧州で発売
松下、大画面有機ELテレビ商品化
中小型有機ELディスプレイ、東芝と松下電器産業が共同で量産
大型有機ELディスプレイ国内メーカーが共同開発
ソニー系企業FETが新方式大型ディスプレイFED量産へ
松下電器産業、有機ELテレビ37型量産へ
三菱電機が世界初「レーザーテレビ」発売



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。