ITニュースTODAYテクノロジー > ソニー、Blu-rayレコーダー&プレーヤー8機種を発表
2008年09月04日

ソニー、Blu-rayレコーダー&プレーヤー8機種を発表

 ソニーは2008年9月3日、Blu-ray Disc(ブルーレイ・ディスク(BD))レコーダー6機種とBlu-ray Discプレーヤー2機種の計8機種の新製品を9月27日から順次、発売すると発表しました。

 独自の高画質回路「CREAS」(クリアス)を搭載し、ハイビジョン画質を鮮鋭感、立体感ある映像が再生できるそうです。

 ◆ITニュースランキングで最新記事を見る にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ

 ◆ソニー新ブルーレイ・ディスクレコーダーの画像、詳細情報 ⇒人気ブログランキング

 ソニーは、新たに映像処理回路「CREAS(クリアス)」を開発しました。8ビットの映像信号を独自の方式で64倍の14ビットに拡張することで、8ビットに圧縮した際に失われた階調表現を再現するそうです。また平均的に階調を拡張するのではなく、人間の感性が捉えやすい信号かどうかに合わせて強弱を付けることでより自然な映像を生成できるとのことです。

 BDレコーダーの新機種は、普及帯の「T」、ハンディカムなどからのダビングが容易な「L」、ホームシアター向け上位モデル「X」のそれぞれ2機種。「T」は10月10日、「L」「X」は9月27日に発売されます。

Blu-ray Discレコーダー
Lシリーズ
BDZ-L55(HDD:320Gバイト 店頭想定価格:13万円前後)
BDZ-L95(HDD:500Gバイト 店頭想定価格:17万円前後)

Xシリーズ
BDZ-X95(HDD:500Gバイト 店頭想定価格:20万円前後)
BDZ-X100(HDD:1Tバイト 店頭想定価格:28万円前後)

Tシリーズ
BDZ-T55(HDD:320Gバイト 店頭想定価格:11万円前後)
BDZ-T75(HDD:320Gバイト 店頭想定価格:14万円前後)

 BDプレーヤー2機種も12月6日に発売すると発表しました。上位モデルの「BDP-S5000ES」にはレコーダーと同じく映像処理回路のクリアスを搭載。干渉を避けるため、アナログオーディオ回路とビデオ回路の基板、電源部を独立させたほか、振動を抑制するRBシャーシや高品質トランスを採用するなど、高画質、高音質を追求しています。希望小売価格は29万4000円。

Blu-ray Discプレーヤー
BDP-S350(価格:オープン 店頭想定価格:4万5000円前後)
BDP-S5000ES(価格:29万4000円)

 高画質で録画することが出来るブルーレイ・ディスクレコーダーの新製品を発表したソニーがこの製品で松下、シャープを引き離して国内市場でのシェア争いでトップとなるのか注目されそうです。

□関連サイト
ブルーレイディスク/DVDレコーダー | ソニー
□参考記事
「長時間より高画質」に対応──ソニー、新回路搭載BDレコーダー発売
ソニーのBlu-rayに新シリーズ--「2011年画質」を搭載
映像信号を64倍に拡張・ソニー、BDレコーダーの新製品6機種
ソニーが新ブルーレイ8機種 国内シェア4割めざす



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。