ITニュースTODAYモバイル > ソフトバンクに苦情殺到!一方的に契約内容を変更
2008年08月22日

ソフトバンクに苦情殺到!一方的に契約内容を変更

 ソフトバンクモバイルの携帯電話保証サービスで、一方的に契約内容を変えられたという苦情や相談が、5月末までに国民生活センターに81件寄せられたと発表しました。

 同社は「事前の周知が不十分だった」と認め、返金などに応じているそうです。

 ◆ITニュースランキングで最新記事を見る にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ

 ◆ソフトバンク苦情に関する詳細情報 ⇒人気ブログランキング

 外装交換費が無料の「スーパー安心パック」(月額500円、490万契約)が、2007年11月から同2割負担の「あんしん保証パック」に変わりました。同社は事前に、公式サイトや請求書に同封したパンフレットで告知したが、変更を知らなかった契約者などから「納得できない」といった声がセンターに寄せられていたそうです。

 国民生活センターは「契約者の利益を一方的に制限する変更で、周知も十分でなかった」と判断。同社に改善を求める要望書を提出し、交渉を重ねました。同社は事前周知が不十分だったことを認め、契約者にメールなどで再び告知し、意思確認することを決めました。

 2007年11月から2008年7月までに外装を交換した契約者には、個別に通知した上で返金するほか、8月から10月は再周知期間と位置付け、この間は外装交換を無償とするそうです。

 ソフトバンクの広報担当者は「プレスリリースのほかに、請求書の同封物にも契約変更のことを書きました。契約者にメールを出さなかったことは、今となってはすみませんと言うしかありません」と答えているそうです。

 ソフトバンクはほとんど周知をすることなく、一方的に契約内容を変更したことは問題があるでしょう。無償で交換してもらえると思ったら2割請求されたら誰でも納得がいかないです。今後はこのようなことがないように徹底してもらいたいです。

□関連サイト
SoftBank
□参考記事
「ソフトバンク携帯で契約を一方的に変えられた」 国民生活センターに苦情81件
ソフトバンクに苦情相次ぐ 「無料」がいきなり2割自己負担
□関連記事
KDDIがMNP導入後初の転出超 ソフトバンクは転入超 7月携帯電話契約MNP
ソフトバンクモバイル、第2世代携帯電話サービス終了を発表



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。