ITニュースTODAYテクノロジー > 長寿命小型有機ELディスプレイを東芝松下ディスプレイと出光が共同開発
2008年08月21日

長寿命小型有機ELディスプレイを東芝松下ディスプレイと出光が共同開発

 東芝松下ディスプレイテクノロジーは2008年8月20日、出光興産と共同で、モバイル機器向けとしては世界最高レベルの性能を達成した携帯機器用の有機ELディスプレイ(低分子タイプ)を開発したと発表しました。

 従来よりも消費電力を10分の1まで低減させ、寿命は30倍まで改善したそうです。

 ◆ITニュースランキングで最新記事を見る にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ

 ◆高性能小型有機ELディスプレイについての詳細情報 ⇒人気ブログランキング

 これにより開発された有機ELディスプレイは、2.2インチQVGAタイプ(240×320ピクセル)で、消費電力100ミリワット、半減輝度寿命6万時間を実現したそうです。

 今回の共同開発では、東芝松下ディスプレイテクノロジーがTFT基板設計技術、素子設計技術を、出光興産が高効率低電圧の性能を発揮するRGB発光材料、周辺材料を含めた材料の開発などを担当することにより実現したものとしています。

 今後は携帯機器向けの中小型ディスプレイの量産化に向けた技術開発を進めていくそうです

 この共同開発により、携帯電話の画面は高性能な有機ELディスプレイを搭載したモデルが増えることになりそうです。

□関連サイト
東芝松下ディスプレイテクノロジー株式会社
出光興産 - IDEMITSU
□参考記事
寿命6万時間の有機ELディスプレイ 東芝松下ディスプレイと出光が共同開発
東芝松下ディスプレイと出光、長寿命を実現した小型有機ELディスプレイを開発
□関連記事
ソニー、有機ELテレビ11型2009年に欧州で発売
松下、大画面有機ELテレビ商品化
中小型有機ELディスプレイ、東芝と松下電器産業が共同で量産
大型有機ELディスプレイ国内メーカーが共同開発
ソニー系企業FETが新方式大型ディスプレイFED量産へ
松下電器産業、有機ELテレビ37型量産へ
三菱電機が世界初「レーザーテレビ」発売



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。