ITニュースTODAYテクノロジー > 低価格ノートPCが年内にシェア5割に
2008年08月12日

低価格ノートPCが年内にシェア5割に

 家電量販店などで店頭価格が10万円を切る低価格ノートパソコンの売れ行きが好調のようです。

 民間調査会社BCN(東京都文京区)によると、2008年7月の販売台数シェアはノートパソコン全体の4割に達したそうです。

 ◆ITニュースランキングで最新記事を見る にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ

 ◆低価格ノートパソコンに関する最新情報 ⇒人気ブログランキング

 低価格ノートPCはASUSの「Eee PC」など台湾系メーカーを中心に画面サイズ10インチ未満の超小型タイプのミニノートパソコンが相次ぎ発売されて、売れ筋製品として躍り出ました。

 2008年7月の10万円を切るノートPCのシェアは40.3%に達しました。そのうち6万円未満のミニノートパソコンが約半分を占めています。

 データ通信サービスの増加を背景に、ユーザーが出先でメールやインターネットを使うのに利用するケースが多いそうで、2台目需要が中心ですが買い替えで選ぶ人も目立つようになっているそうです。

 ノートパソコン全体が値下がりしていることもあって、シェアは年内に5割に達する見通しだそうです。

 今後、低価格ノートパソコンは国内メーカーからも発売されることから、さらに需要が増えることになりそうです。

□関連サイト
BCN 企業情報
□参考記事
ノートパソコン、10万円未満のシェア4割に 7月
低価格ノートパソコンが空前のブーム、年内にシェア5割達成へ
□関連記事
レノボ「IdeaPad S10」低価格ミニノートPC
ソニー・東芝も低価格ミニノートPC市場へ進出
富士通、低価格ミニノートPC市場に参入
ASUS、Eee PC新モデル「Eee PC 901-X」
ASUS、Eee PCデスクトップ版「Eee Box」詳細や価格が明らかに
ソニーEeePCに対抗して低価格ノートPC発売か
「HP 2133 Mini-Note PC」高性能で低価格なミニノートPCが日本で発売!



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。