ITニュースTODAYビジネス > インテル、Core 2 Duoなどプロセッサを大幅値下げ
2008年07月23日

インテル、Core 2 Duoなどプロセッサを大幅値下げ

 2008年7月20日、インテル(Intel)はプロセッサの価格を最大31%引き下げたそうです。

 最も値下げ率が大きいのは、デスクトップ向けの「Core 2 Duo E8500」(3.16GHz)で、266ドルから183ドル(31%)になったそうです。

 ◆ITニュースランキングで最新記事を見る にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ

 ◆Intelプロセッサ値下げに関する詳細情報 ⇒人気ブログランキング

 次に値下げ率が大きかったのは、デスクトップ向け「Core 2 Duo E7200」(2.53GHz)で、133ドルから113ドルと、15%引き下げられました。

 その他、値下げされた中には、人気のクアッドコアプロセッサ「Q6600」(2.4GHz)があり、224ドルから193ドルと、14%値下げされた。さらに、デスクトップ向けの「Core 2 Duo E8400」(3GHz)も11%値が下げられ、183ドルから163ドルになりました。

 また、「Xeon」サーバプロセッサも値下げされました。「X3220」(2.40GHz)は224ドルから12%値が下がり、198ドルになりました。「X3210」(2.13GHz)にも同じ値下げ率が適用され、一方、「E3110」(3GHz)は11%の値下げにより、188ドルから167ドルになりました。

 「QX9775」(3.2GHz、1499ドル)などのQX「Extreme」プロセッサの価格については、「Centrino 2」モバイルプロセッサが発表された7月15日付の価格表からの変更はなかったとのことです。

 インテルのプロセッサの価格が引き下げられたことで、該当する「Core 2 Duo」を搭載しているデスクトップパソコンの価格も追従して値下げになることを期待したいです。

□関連サイト
インテル
□参考記事
インテル、プロセッサを最大31%値下げ



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。