ITニュースTODAYテクノロジー > 富士通、低価格ミニノートPC市場に参入
2008年07月17日

富士通、低価格ミニノートPC市場に参入

 富士通は、5万円前後の低価格ミニノートパソコン市場に参入するそうです。

 日経ネットの記事によると、富士通は今年の秋に中国や香港なで発売して、来年日本で新製品を発売するとのことです。

 ◆ITニュースランキングで最新記事を見る にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ

 ◆富士通低価格ノートパソコン市場参入についての詳細情報 ⇒人気ブログランキング

 富士通が発売を予定している製品は、液晶ディスプレイが10インチ以下の小型ノートパソコンで、重さは1キログラム前後の見込みで、米Intelの省電力CPU(中央演算処理装置)「Atom」プロセッサを搭載し長時間持ち運びできるようにするそうです。

 低価格ノートパソコンは7月11日に、台湾メーカーのASUSがEee PCの新モデル「Eee PC 901-X」を発売するなど、市場が活発になってきましたが、富士通が国内大手メーカーの参入としては初めてとなる見込みで、他のメーカーも追随する可能性があり、パソコンの価格引下げに一段と拍車をかかりそうです。

 今後、国内メーカー各社から高性能な低価格ミニノートPCが発売されることになるのでしょうか。2009年はさらに低価格パソコンの需要が活発になるかも知れません。

□関連サイト
個人のお客様向け製品情報(パソコン、携帯電話) : 富士通
□参考記事
富士通も5万円パソコン参入、今秋まず中国・香港で販売
富士通、国内メーカーで初めて低価格ノートパソコン市場に参入へ
□関連記事
ASUS、Eee PC新モデル「Eee PC 901-X」
ASUS、Eee PCデスクトップ版「Eee Box」詳細や価格が明らかに
ソニーEeePCに対抗して低価格ノートPC発売か
「HP 2133 Mini-Note PC」高性能で低価格なミニノートPCが日本で発売!



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。