ITニュースTODAYインターネット > OCNが通信制限!!送信1日30Gバイト以上で利用停止に
2008年06月26日

OCNが通信制限!!送信1日30Gバイト以上で利用停止に

 NTTコミュニケーションズは2008年6月25日、個人向けのOCNネット接続サービスで8月1日から、上りデータ転送量を制限すると発表しました。

 回線帯域を占有する一部の利用者への対抗措置を行うようです。

 ◆ITニュースランキングで最新記事を見る にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ

 ◆OCNデータ通信制限についての詳細情報 ⇒人気ブログランキング

 FTTHとADSL回線のユーザーで、1日の上り転送量の合計が30Gバイト以上になった場合が対象となります。対象のユーザーには転送量を減らすよう警告し、改善されなければ利用を停止するそうです。契約を解除することもあるとしています。下りの転送量には制限はないそうです。

 対象となるサービスは「OCN 光 with フレッツ」「OCN 光(A)」「OCN 光 Bフレッツ/フレッツ・光プレミアム/フレッツ 光ネクスト」「OCN ADSL セット」「OCN ADSL フレッツ」。

 通信制限の措置について、NTTコミュニケーションズでは 「一部のお客さまが他のお客さまに比べて大量のデータをインターネットに送信することによって、回線帯域を占有される状態が続き、その結果、他の多くのお客さまの通信速度や通信品質が低下する事象が発生している」としています。

 WinnyなどのP2Pソフトでダウンロードを繰り返しているヘビーユーザーには耳の痛い話になりそうです。この措置によりOCNからプロバイダを乗り換える人が出てくるかも知れません。

□関連サイト
OCN|個人向けOCNサービスにおける大量データ送信制限の実施について
□参考記事
OCNで通信制限 送信1日30Gバイト以上で利用停止
OCN、個人のデータ送信量に制限措置--1日30Gバイトまで



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。