ITニュースTODAYテクノロジー > ダビング10、7月5日開始で合意!
2008年06月20日

ダビング10、7月5日開始で合意!

 開始が延期になっていた、地上デジタル放送の複製回数の制限方式「ダビング10」の実施時期がこのほど固まりました。

 総務相の諮問機関、情報通信審議会のデジタル・コンテンツ流通促進検討委員会は、2008年6月19日夜開いた会合で、地上デジタル放送番組の記録を録画1回と複製9回まで認める新制度「ダビング10」の運用を、7月5日ごろをメドに開始することで合意しました。

 ◆ITニュースランキングで最新記事を見る にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ

 ◆ダビング10合意の背景とは ⇒人気ブログランキング

 ダビング10の導入は昨年8月の同審議会答申に盛りこまれ、Dpaは今年6月2日に開始すると発表しました。しかし、新制度の前提とされた、私的録音録画補償金制度の適用範囲拡大をめぐって、著作権者の団体とメーカー側が対立したため、延期となりました。

 ただ、デジタルテレビや録画機器の商戦となる8月の北京五輪開幕前に開始すべきとの声が強く、増田寛也総務相らが五輪前の決着に向けて仲裁に動いていたそうです。

 混乱が続いてきた背景には、著作権料を還元する「私的録音録画補償金」制度をめぐる両者の利害対立がありました。コピー回数の緩和は消費者の利便性を大きく向上させるが、一方でデジタル技術がインターネットなどで著作権侵害を増長し、著作権者が不利益を受けているのも事実。新制度は、知的財産保護に課題を残したまま船出することになるようです。

 ダビング10開始時期は思ったより早く決まりました。メーカーにとっては北京五輪商戦があるからかも知れません。

□関連サイト
社団法人・電子情報技術産業協会(JEITA)
[Dpa] 社団法人 デジタル放送推進協会
□参考記事
ダビング10、7月5日ごろ開始で合意
ダビング10が7月5日にも解禁--開始当初は補償金なし
「ダビング10」解禁 知的財産保護に課題
□関連記事
ダビング10開始が延期
iPod課金に反発!ダビング10でJEITA補償金に反対表明
ダビング10開始決まらず実施が危ぶまれている!



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。