ITニュースTODAY > 2008年08月
2008年08月20日

URLコピー&ペーストで悪質サイトに クリップボード機能乗っ取り被害続出

 テキストなどのコピー&ペースト(通称:コピペ)に使われるメモリ領域「クリップボード」が乗っ取られる被害が続出しているそうです。

 セキュリティ企業、ソフォス(Sophos)の8月19日のブログによると、どのサイトのURLをコピーしても、悪質サイトのURLがペーストされてしまうといった被害報告がWindows、Macユーザーの両方から寄せられているそうです。

 ◆ITニュースランキングで最新記事を見る にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ

 ◆パソコンセキュリティに関する詳細情報 ⇒人気ブログランキング

続きを読む




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。