ITニュースTODAY > 2008年03月
2008年03月15日

Winnyなどのファイル交換ソフト常習者に対してネット切断措置!

 インターネット上でファイル交換ソフト「Winny(ウィニー)」などを通じて映像や音楽などの違法コピーによる著作権侵害が深刻化していることを受けて、国内のプロバイダ(接続業者)が加盟する四つの業界団体は、ファイル共有ソフトを使って違法なファイルを常習的にダウンロード・アップロードを繰り返している利用者に対して、インターネットへの接続を強制的に切断することで合意したそうです。

 ネット上からの利用者の排除は「通信の秘密」や「通信の自由」に抵触するとして導入に慎重な意見が強かったが、著作権団体と連携して悪質な利用者を特定し、その利用者に限れば接続停止や契約解除が可能と判断したそうです。

 ◆ITニュースランキングで記事を見る

続きを読む




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。